平屋の注文住宅には中庭を設けたほうがいいってホント?

公開日:2022/07/15   最終更新日:2022/06/17


ワンフロアにすべてが揃う「平屋」の暮らしは、いかがでしょうか。ほどよい広さで、階段の昇り降りがなく、どの部屋も庭とのつながりが楽しめる平屋ならではの暮らし。そして、平屋にするのであれば、中庭を設けるという選択肢があります。それでは、平屋の注文住宅には、中庭を設けたほうがよいのか、見ていきましょう。

平屋に中庭をつくる利点

階段のない暮らしや将来への備えも考えたワンフロアの暮らしは、もっと早く平屋に住みたかったと思えるほど快適です。平屋に中庭を設けることで、どんな利点があるのでしょうか。

■採光性がいい

中庭のある家は、採光性がいいという特徴があります。一般的に、中庭を設ける場合は、居住空間との間をサッシや窓などで仕切り、家の中から中庭を眺められるよう、設計します。日中は照明設備に頼らずとも、自然の光を楽しむことができます。また、すべての部屋を中庭に面して配置すれば、どの部屋も明るく、中庭の緑を楽しめる空間になります。

■風通しの良い部屋

平屋の長い庇が日差しを遮ります。さらに、平屋は大きな窓が設けやすく、2階がない分、天井に天窓もつけやすいため、風が通り抜ける道が生まれます。窓の開放には、外からの目が気になるという人も多いのですが、中庭に面している窓であれば、視線を気にすることなく、開けられるのはメリットといえるでしょう。

コミュニケーションが取りやすい

平屋は、生活がワンフロアで完結します。そのため、家族と顔を合わせる機会が増え、コミュニケーションが取りやすくなります。個室で過ごす時間が長くて様子がわからないというケースがありますが、平屋はすべての部屋がワンフロアにあるので、自然と顔を合わせやすく様子もわかります。

中庭をつくる際の注意点

中庭は生活のなかに潤いをもたらしてくれる一方、注意する点もあります。平屋には広い敷地が必要になるため、まず、建築費用が高額になるということです。また、坪単価にすると2階建てより少し高くなるケースもあります。詳しく注意点もおさえておきましょう。

■平屋は広い敷地が必要

中庭を設けるには、その分、居住空間を狭くするか、中庭のスペースをプラスで確保するかの二者択一になります。希望する居住スペースに中庭をプラスするとなると、広いスペースが必要となります。

一番のデメリットとして挙げられるのが、同じ延床面積の家を建てる場合、2階建てよりも広い敷地が必要になる点です。土地には、建築基準法により用途地域が定められ、敷地に対して、どのぐらいの広さの家を建ててよいのかを建ぺい率で表しています。そのため、建ぺい率が50%の場合、平屋は土地の半分までしか家を建てられないことになりますので、注意する必要があります。

■平屋は建物の坪単価が高くなることも

同じ延床面積の平屋と総2階の建物を比べた場合、平屋は屋根と基礎の面積が2階建ての倍になるため、その分の工事費がアップして坪単価が高くなることがあります。単純に計算してもその分の建築費用が上がることになるでしょう。しかし、2階のトイレや洗面台などの住宅設備が不要なため、その分の費用が抑えられるケースもあります。平屋は、坪単価にすると2階建てより少し高くなることも覚えておくとよいです。

中庭は光と開放感をもたらす

平屋には、コモンスペースを中心にして個室やキッチン、ガレージなどをプランニングしてくれます。各部屋の動線の中心となるので、ゆるやかな交流の場所になります。何よりも生活動線が楽である、解放感があるなどの魅力があります。

■ほどよい広さと一体感

ほどよい広さで、建物で庭を囲み、光と風を内から取り込みます。土地にゆとりがあり、庭を広くとれる郊外では、外部空間も充実させ、外との一体感を高めてくれるでしょう。中庭は、家での時間を優雅に楽しみたい人や、日々緑のある生活を楽しみたい人、子どもを安全に遊ばせたい人など、さまざまなニーズに対応してくれます。

■現代的かつオシャレ

一方では、2階建てなどの住宅と比較して、間取りが単純であることが多くみられますが、単調な印象の平屋でも中庭を設けることで現代的、かつおしゃれな住宅になります。中庭のある家は、より一層解放感があり、家全体がおしゃれな雰囲気になります。外観のよさを向上させ、家にいながらにして、外の空気も感じられるのは、中庭ならではのメリットではないでしょうか。

 

階段の昇り降りがなく、どの部屋も庭とのつながりが楽しめる平屋ならではの暮らし。そして、中庭があると想像以上にできることの幅が広がりました。利点だけでなく、注意する点もあります。両者を踏まえ中庭のある平屋で、おしゃれで潤いのある生活を楽しみましょう。これからの人生をさらに豊かに彩るために、中庭のある現代的、そしてオシャレな暮らしをしてみませんか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

建物の内部に作られるガレージをビルドインガレージと呼んでいます。ビルドインガレージは、注文住宅を建てる際に、作りたいと思いオーダーされる人が多いです。では、どうしてビルドインガレージがあると

続きを読む

「庭付きの家に住みたい」という方は多いのではないでしょうか。庭があることで、開放感のある住まい、より広さを感じられる住まいになります。庭の中でも、プライベートな空間として注目されているのが中

続きを読む

ワンフロアにすべてが揃う「平屋」の暮らしは、いかがでしょうか。ほどよい広さで、階段の昇り降りがなく、どの部屋も庭とのつながりが楽しめる平屋ならではの暮らし。そして、平屋にするのであれば、中庭

続きを読む

住宅の内覧をすると、ちょっとしたスタディコーナーがあるショールームをよく見かけますよね。お子様のいるご家庭では、スタディコーナーを作ろうか悩むところでもあります。今回はそんなスタディコーナー

続きを読む

内壁とは間仕切り壁とも呼ばれる家の中の壁です。内壁を外した中にある柱などが家を支えているのに対し、内壁自体は部屋を仕切ることが役割となっています。外壁に比べて内壁は自由度やデザイン性が高く、

続きを読む

今でも国内の多くの割合を占めるのが木造住宅ですが、注文住宅を建てるうえで、多くの方が鉄骨住宅と迷います。木造と鉄骨住宅にどのような違いがあるかを知ることで、自分がこれから住みたいと思う住宅選

続きを読む

マイホームの購入を検討していると、「長期優良住宅」という言葉を目にする機会があるのではないでしょうか。「名前のとおり優良なのだろうと気になっているけど、あまり詳しい内容はわからない」という方

続きを読む

家づくりを考えていると、どんどん夢が膨らみ、希望や理想が盛り込める「注文住宅」を魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。もちろんそれは素敵なことなのですが、注文住宅にもデメリットがあり、

続きを読む

家を建てる際は、できるだけ費用を抑えたいのが本音ですよね。実は、建築にかかる費用を抑えるコツはたくさんあります。今回は、注文住宅にかかる費用の内訳や、コストを抑えるコツについて解説していきま

続きを読む

注文住宅の建設を検討する際、依頼先の選択肢がたくさんあって悩みますよね。ハウスメーカーにするか工務店にするか、迷われる方も多いのではないでしょうか。それぞれに特徴があり、メリットやデメリット

続きを読む