株式会社アルフハウジングの口コミや評判

公開日:2021/12/01   最終更新日:2021/12/20

株式会社アルフハウジング
住所:〒509-0203 岐阜県可児市下恵土214番地

TEL:0574-48-8721

岐阜県可児市に本社を構える株式会社アルフハウジングは、岐阜県の魅力をぎゅっと詰め込んだ住宅・庭をデザインする地元に密着した企業です。すでに多くの建築実績がある優良企業ですが、ありきたりの住宅設計に留まることなく常に「新しい家づくり」を提供しています。この記事ではそんなアルフハウジングの特徴について細かくご紹介します。

岐阜産の建材を使用

アルフハウジングは岐阜県を中心に東海エリアに密着した企業として「地産地消」を志し、岐阜産の建材を多く使用しているようです。

建材には輸入や他地域のものを求めるハウジング企業も多いですが、岐阜県は古くから栄えた街で、豊かな原料がたくさん眠っています。アルフハウジングでは岐阜県のよいものをふんだんに使い、もっと地域の魅力を生かそうとユニークな家づくりを実現しています。

では、どんな岐阜産の建材が生かされているのでしょうか。例として質の高い岐阜産の土や木、紙を家づくりの建材に生かしています。とくに岐阜県は焼き物の歴史が息づいた街です。志野土や五斗蒔白土など、伝統的な土にも注目して家づくりを行っています。

個性の中にも歴史が根付いた住宅建築を目指しているのです。アルフハウジングが扱う建材に一つ一つ触れてもらうと、どこか日本らしい懐かしさを感じるのではないでしょうか。

こだわりのプランは庭

依頼者のライフスタイルに合わせてさまざまなデザインを提供しているアルフハウジングですが、こだわりは岐阜産の建材だけではありません。アルフハウジングの個性は庭に宿っているといっても過言ではないのです。

ではどうして庭に着目した家づくりを行っているのでしょうか。アルフハウジングでは、ある庭師の助言をきっかけに、中庭を設計に取り入れるようになりました。すると、家全体が使いやすく家族も居心地のよい家が完成したのです。こ

の助言をきっかけにアルフハウジングでは基本設計に中庭を導入しており、岐阜県内でも有数の個性的な家を実現しています。ある時は子どもたちがのんびりと遊ぶ空間、ある時は夫婦で月見を楽しむ空間…と中庭の可能性は無限大です。

一人の時間から家族の憩いの時間、友人たちを招いて食事会もよいでしょう。依頼者の使い方によって中庭には個性が宿り、プライベートで自由な居場所を作ることができます

内装は曲線と照明を意識

人間の身体はまっすぐな形には作られていません。頭からつま先まで、曲線を描くようなフォルムです。木々や岐阜県を流れる長良川のように、自然の中に存在しているものは美しく、時には予想から大きく逸れるような曲線を描いているのです。そのため、人は曲線に安らぎや美しさを感じます。

名車と呼ばれる車も、直線ではなく美しい曲線なのです。有名な彫刻や、絵画の中の景色も決して直線だけで構成されていません。アルフハウジングでは和風・洋風の家を問わず曲線にもこだわった内装を意識しています。どこかでホッとするような、懐かしいフォルムの木を生かす、などの工夫を施しているのです。

また、アルフハウジングでは照明にもこだわっています。家族や夫婦が顔を合わせ、朗らかに過ごすためには「あかり」がアクセントになることはいうまでもありません。

照明器具の大切さは映画のシーンで例えるとわかりやすいでしょう。安らぎを感じさせたいシーンでは、煌々と照らす真っ白な蛍光灯では撮影されていないはずです。気忙しさが多い現代社会の中だからこそ、家に戻ると柔らかで少しほの暗いあかりが出迎えてくれると嬉しいものです。

また、あかりだけが生活のアクセントではありません。照明器具、照明の位置などにもデザインを尽くすことで部屋全体を演出できます。洋風のデザインの中にちょっと古いアンティークな和風照明を加えてみるなど、一見アンバランスに感じる演出が個性となります。

そしてアンバランスだからこそ、驚くほどの協調性を感じさせることもあるのです。毎日を過ごす大切な空間だからこそ、アルフハウジングでは照明1つにも心を配ったものを施工しています。

安心の保証・アフターサービス

住宅において大切なことは新築することだけではありません。どんな製品においてもいえることですが、自然の中で静かに佇むものは傷むことがあります。

アルフハウジングではこうした建築後のトラブルに備え、安心の保証・アフターサービスを実施しています。導入した設備に関しては1~2年のメーカー保証があるようです。

また、アフターサービスとしてまずは引渡後には3か月点検を実施しています。その後も10ヶ月・2年・5年・10年と定期メンテナンスを行っているので、末永く依頼者の家を見守っていきます。

また、クレームの対応に関してもお客様からのストレートなご意見として受け止め、不安の改善に向けて迅速に行動しているようです。

 

アルフハウジングの作る家は、個性のある暖かな住宅です。自然豊かな中庭、自由度の高い吹き抜けの設計など、住み心地のよい住宅設計が自慢です。また、安心・保証を優先するために時間もじっくりとかけて、一生を共にする住宅を実現しています。洋風・和風のどちらも得意とするアルフハウジングで理想の一軒家を目指してみませんか。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

建物の内部に作られるガレージをビルドインガレージと呼んでいます。ビルドインガレージは、注文住宅を建てる際に、作りたいと思いオーダーされる人が多いです。では、どうしてビルドインガレージがあると

続きを読む

「庭付きの家に住みたい」という方は多いのではないでしょうか。庭があることで、開放感のある住まい、より広さを感じられる住まいになります。庭の中でも、プライベートな空間として注目されているのが中

続きを読む

ワンフロアにすべてが揃う「平屋」の暮らしは、いかがでしょうか。ほどよい広さで、階段の昇り降りがなく、どの部屋も庭とのつながりが楽しめる平屋ならではの暮らし。そして、平屋にするのであれば、中庭

続きを読む

住宅の内覧をすると、ちょっとしたスタディコーナーがあるショールームをよく見かけますよね。お子様のいるご家庭では、スタディコーナーを作ろうか悩むところでもあります。今回はそんなスタディコーナー

続きを読む

内壁とは間仕切り壁とも呼ばれる家の中の壁です。内壁を外した中にある柱などが家を支えているのに対し、内壁自体は部屋を仕切ることが役割となっています。外壁に比べて内壁は自由度やデザイン性が高く、

続きを読む

今でも国内の多くの割合を占めるのが木造住宅ですが、注文住宅を建てるうえで、多くの方が鉄骨住宅と迷います。木造と鉄骨住宅にどのような違いがあるかを知ることで、自分がこれから住みたいと思う住宅選

続きを読む

マイホームの購入を検討していると、「長期優良住宅」という言葉を目にする機会があるのではないでしょうか。「名前のとおり優良なのだろうと気になっているけど、あまり詳しい内容はわからない」という方

続きを読む

家づくりを考えていると、どんどん夢が膨らみ、希望や理想が盛り込める「注文住宅」を魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。もちろんそれは素敵なことなのですが、注文住宅にもデメリットがあり、

続きを読む

家を建てる際は、できるだけ費用を抑えたいのが本音ですよね。実は、建築にかかる費用を抑えるコツはたくさんあります。今回は、注文住宅にかかる費用の内訳や、コストを抑えるコツについて解説していきま

続きを読む

注文住宅の建設を検討する際、依頼先の選択肢がたくさんあって悩みますよね。ハウスメーカーにするか工務店にするか、迷われる方も多いのではないでしょうか。それぞれに特徴があり、メリットやデメリット

続きを読む