中庭付きの注文住宅を建てるメリット・デメリットについて解説!

公開日:2022/08/15   最終更新日:2022/08/24


「庭付きの家に住みたい」という方は多いのではないでしょうか。庭があることで、開放感のある住まい、より広さを感じられる住まいになります。庭の中でも、プライベートな空間として注目されているのが中庭です。この記事では、中庭のある住まいの魅力とデメリットや、中庭付きの住まいにする際の注意点などをお伝えします。

中庭の形にはどのようなものがある?

ひとくちに中庭といっても、さまざまな形があります。どのような形の中庭があるのか、代表的な中庭の形をご紹介します。

ロの字型の中庭

中庭が家に囲まれている状態を口の字型の中庭と呼びます。上から見た時に、中庭がロの字に見えるのが特徴です。完全に住まいに囲まれている庭なので、プライベート感が高く、家族の時間を安心して中庭で過ごせます。お子さんも遊ばせやすいでしょう。

しかし、ある程度の広さが必要となるため、狭い土地の場合はロの字の中庭を付けることは難しいといえるでしょう。

コの字型の中庭

家がコの字型に建てられている場合、1ヶ所だけが住まいに面していない開放的な庭が完成します。完全に建物で囲われないので、光が入りやすい庭になるでしょう。

L字型の中庭

L字型に住まいを建てることで、2ヶ所が住まいに面している中庭になります。この形はあまりないとされていますが、建物に囲まれている部分が2ヶ所ということで、広さは感じやすいです。開放感がありつつ、プライバシーにも配慮される中庭です。ただし、2ヶ所は外と面していますので、完全なプライベート空間とはなりません。

中庭付きの注文住宅を建てるメリット

中庭のある注文住宅を建てるとどのようなメリットがあるのでしょうか。

太陽の光が入りやすくなる

中庭を作ることで、すべての部屋に太陽の光を取り込みやすくなるというメリットがあります。

風通しも良くなる

中庭を設置することで、窓の数が増えるので、風通しも良くなります。家全体にまんべんなく風を取り込むことができれば、快適に過ごせます。

中庭がプライベートな空間に

中庭は、外に面していないのでプライベートな空間となります。お子さんを遊ばせたり、ペットと遊んだりするときも、外を気にしなくて良いという点がメリットです。とくに大通りに面していたり、隣の住まいと距離が近かったりする場合は、中庭があるとおすすめです。中庭は、家の中からしか入れませんので、防犯の観点からも安心と言えるでしょう。

家の中でアウトドア気分も味わえる

中庭はお子さんが遊ぶだけでなく、家族みんなで楽しむ場所としても利用できます。中庭でバーベキューしたり、読書したり、好きな時間を過ごせるのです。夏の定番バーベキューが自宅でできるのは楽しいですね。

中庭付きの注文住宅を建てるデメリット

中庭付きの注文住宅には多くのメリットがありますが、一方でデメリットもあります。双方を知っておくことで、後悔のない選択ができるでしょう。ここでは、中庭付きの住宅のデメリットをご紹介します。

建築費用やリフォーム費用がかかる

中庭のある住まいは、建築費用やリフォーム費用が高い傾向にあります。中庭を作るために、外壁材が余分に必要になるからです。

冷暖房がききにくくなる

中庭があると冷暖房がききにくくなるというデメリットがあります。窓が多くなるので、外の空気と室内の空気が交換されやすくなってしまい効きが悪くなるのです。中庭には熱や湿気がこもりやすいことから、真夏は中庭で過ごすと熱中症のリスクもあると言えます。中庭を付ける場合は注意しましょう。

狭い住まいの場合は注意が必要

土地が狭いのに中庭を作ろうとしてしまうと、住まいのスペースが減ってしまいます。中庭があることで、居住スペースが減るという点は考慮しておかなければいけません。土地の広さも考えて中庭をつくるかどうか決めましょう。

中庭付きの注文住宅を建てる際に注意するべきポイント

中庭付きの注文住宅を建てる際は、以下のポイントに注意しましょう。

生活動線を意識する

中庭を作る際は間取りも意識しましょう。中庭があることで、スムーズに部屋を移動できないとなると不便です。特に家事動線には気を配るようにしてください。

中庭のお手入れはこまめに

綺麗な中庭を保つために、こまめなお手入れが必要になります。中庭の掃除は週に1回は行えるようにしましょう。また中庭に植物を植える場合は、それらの管理も定期的に行うようにしてください。

水はけに注意

中庭は、水はけがよくない場所です。そのため、水が溜まってしまうと浸水する恐れがあります。排水管は必ず設置しましょう。

まとめ

中庭付きの注文住宅のメリットとデメリットをお伝えしました。中庭があることで住まいの雰囲気も変わるため、庭が欲しいという方は、中庭も検討してみてはいかがでしょうか。また、中庭付きの住まいを建てる際は、中庭付きの住まいを建てている実績が多い会社が安心です。後悔しないためにも、じっくりと検討しましょう。

おすすめ関連記事

SEARCH

READ MORE

建物の内部に作られるガレージをビルドインガレージと呼んでいます。ビルドインガレージは、注文住宅を建てる際に、作りたいと思いオーダーされる人が多いです。では、どうしてビルドインガレージがあると

続きを読む

「庭付きの家に住みたい」という方は多いのではないでしょうか。庭があることで、開放感のある住まい、より広さを感じられる住まいになります。庭の中でも、プライベートな空間として注目されているのが中

続きを読む

ワンフロアにすべてが揃う「平屋」の暮らしは、いかがでしょうか。ほどよい広さで、階段の昇り降りがなく、どの部屋も庭とのつながりが楽しめる平屋ならではの暮らし。そして、平屋にするのであれば、中庭

続きを読む

住宅の内覧をすると、ちょっとしたスタディコーナーがあるショールームをよく見かけますよね。お子様のいるご家庭では、スタディコーナーを作ろうか悩むところでもあります。今回はそんなスタディコーナー

続きを読む

内壁とは間仕切り壁とも呼ばれる家の中の壁です。内壁を外した中にある柱などが家を支えているのに対し、内壁自体は部屋を仕切ることが役割となっています。外壁に比べて内壁は自由度やデザイン性が高く、

続きを読む

今でも国内の多くの割合を占めるのが木造住宅ですが、注文住宅を建てるうえで、多くの方が鉄骨住宅と迷います。木造と鉄骨住宅にどのような違いがあるかを知ることで、自分がこれから住みたいと思う住宅選

続きを読む

マイホームの購入を検討していると、「長期優良住宅」という言葉を目にする機会があるのではないでしょうか。「名前のとおり優良なのだろうと気になっているけど、あまり詳しい内容はわからない」という方

続きを読む

家づくりを考えていると、どんどん夢が膨らみ、希望や理想が盛り込める「注文住宅」を魅力的に感じる人も多いのではないでしょうか。もちろんそれは素敵なことなのですが、注文住宅にもデメリットがあり、

続きを読む

家を建てる際は、できるだけ費用を抑えたいのが本音ですよね。実は、建築にかかる費用を抑えるコツはたくさんあります。今回は、注文住宅にかかる費用の内訳や、コストを抑えるコツについて解説していきま

続きを読む

注文住宅の建設を検討する際、依頼先の選択肢がたくさんあって悩みますよね。ハウスメーカーにするか工務店にするか、迷われる方も多いのではないでしょうか。それぞれに特徴があり、メリットやデメリット

続きを読む